刺身包丁の長さを学ぶ

刺身を切るときに使う刺身包丁の長さ

刺身包丁とは刺身を作るときの包丁です。
他の包丁と比べてみると刀の部分が長く作られているのが特徴なのです。
そんな刺身包丁なのですが、大体一般的には21センチ以上のものを買うとスムーズに切れます。
普通の包丁の場合は17センチくらいがいいのですが、刺身を切る場合には押して切るのではなく引いて切るという具合ですので刺身包丁の長さを利用しなければいけないのです。そのために長くしています。
刺身包丁もその長さは色々ですが家庭で使うのでしたら21センチから24センチくらいのものを使うのがおすすめです。
もっと長いものもあるのですが、あまり長すぎますと家庭用のキッチンでは使いにくくなります。
壁に包丁がぶつかる可能性もあるからです。
しかし厨房の場合でしたらある程度の広さが確保できるために長い包丁でも問題なく使えるのです。
逆にペティナイフほどの長さの刺身包丁もあります。
これは小さな魚をさばくときなどに使えるのです。
小さな魚でしたら長いものを使いますと効率が悪くなります。
しかし短いサイズでしたら繊細な作業もしやすくなるのでおすすめです。もしもこれがないときには刺身用でないペティナイフなどでもいいのです。
長さとしては15センチくらいのものをおすすめします。
そして素材も色々とあります。チタンもあれば鋼もありますし、ステンレスもあります。
家庭用という用途を考えるのでしたらチタンやステンレスのものがおすすめです。
これらが手入れがしやすくなるからです。
一年に一度くらいしか使わないという方には特におすすめです。
どのようなサイズのものがつかいやすいのかについてはその人により違いがあります。その人体のサイズでも使い勝手が違ってきますので、可能であれば包丁をふれらさせてもらうのも方法です。
握ってみた雰囲気で使いやすいのかどうかを判断してみてください。
よく魚をさばく方でしたら刺身包丁も短いものと長いものと両方持っていると便利です。